読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書と重力

仕事をやめて二ヶ月経った。送別会で久々に元職場の人々と顔を合わせて話を聞いていたら、ものすごく自然に自分にとってそれらが他人事になっていることを実感した。私はあそこで、それらを日常にして暮らしていたんだと思った。どんなに不恰好で無様でも、…

寝れない夜のこと

眠れない、ではない。 眠れないというのは、寝ようとしてるだけマシというか、その分しんどいのだけど、寝られないというのは、寝ようという気が起こらない、寝ようとすることすらできない、身動きがとれない、動きたくない、そういう夜のこと。 気晴らしに…

出口の見えない苦しみ

毎日のように微熱があって、でも37度程度なら無視して活動するんだけど、昨晩は薬を飲むのを忘れたのか明け方まで寝れず、目覚ましにも気付かず昼過ぎまで寝ていて、起きたら37度5分で、身体も重いし頭痛もするのでさすがに休んだ。 四六時中身体が火照って…

前に進もうとするのはやめる

2016年のテーマというか目標が「よくないけど悪くもない」なんだけど、なんでかって2015年がプラスからマイナスに転落する年だったからで、ジョニィ(SBR)のようにゼロに向かっていきたいわけです。昨年はとにかく、自信というか自尊心がブロークンハートし…

2016上半期に見た映画

ベスト10するには見たいのに見れなかった映画がけっこうあるので見た映画と感想をあげていく。 ◾︎ピンクとグレー 原作が好きすぎて正直解釈違いだったのだけど解釈違いではあるがめちゃめちゃうまい同人誌という感じだった。去年の『屍者の帝国』『ハーモニ…

嵐の中にいた方が真っ直ぐ歩けるのかもしれない

あるときまで自分のことを、 「新しいこと、知らないことをやるのにすごく拒否感がある」「未知の領域ってものが大嫌いだ」と思っていた。 コラージュ療法というものを試したとき、上のことを繰り返し愚痴愚痴言いながら(ちなみにそのカウンセラーの先生の…

大好きな私は死んでしまった

死にたい、と思うたびにその直後あ、違うと思うのは 私はとっくに死んでいるからなのだ 遡れば随分前から何度も何度も死んでいる そして昨年の夏の終わりにまた死んで、そのときの死からまだ立ち直れない 死にたいと思うたびに死んでしまったかつての輝かし…