前に進もうとするのはやめる

2016年のテーマというか目標が「よくないけど悪くもない」なんだけど、なんでかって2015年がプラスからマイナスに転落する年だったからで、ジョニィ(SBR)のようにゼロに向かっていきたいわけです。

昨年はとにかく、自信というか自尊心がブロークンハートして、「自分は自分を大好き」という自分の根幹(として設定していたもの)がぽっきり折れたというか、あれ以来自分のことが好きじゃないし信じられないという日々が続いているんだけど、
そういう自分が死んでしまったことを認めて、違う生き方をしてもいい、という風に思えるようになろう、つーかならなくては、このままでは不健全だ…と変わってしまった自分をどう処理するかという戦いを今年に入ってからずっとしていた。

「大人にならないでほしい」「青春の中に生きてるんだね」みたいなことをここ数年言われてきて、自分自身も、一生夢を見て生きていきたい、と思っていた。けれど、それは無理かもしれない。というか無理だ。諦めなくては。大人にならなくては。夢だった仕事が自分を苦しめるならもう諦めたほうがいいのでは?自分を大切にしなくては!!
……と、考えていたのだけど、今日、いやそれ(自分を大切にする)、やめたほうがむしろ楽なのでは?と思ってしまった。

結局たぶん私は他人のためにしか頑張れなくて、自分を大切にできなくて、大人になんかなれなくて、夢を見て裏切られてその繰り返しを続けるしかないのではないか。というか、それを回避しようと、うまく生きようとするのが一番、向いてないんじゃないか。

自分を大切にしなきゃ、とぐるぐる悩んでたら占いで「下半期は今までの自分を卒業して新しい自分になる」みたいなことを書かれていて、やっぱり「自分大好き」な自分をやめなきゃならんのかなあと思っていたんだけど、むしろ、「自分を大切にしなきゃ」をやめるべき、というか、やめてもいいんじゃないのか、私は。

数日前から、もう諦めたほうがいいのかもしれない、とめちゃくちゃ鬱になっていて、前向きな歌をまったく聴きたくないくらいだったんだけど、今日、人と話してて、「あなたの現状はまずいけど、できればこれからもここに残ってくれたら嬉しいし、そのためにはあなたは変わらなくてはならない」みたいなことを言われて、他にも、まだ周囲から完全に諦められたわけではなく、僅かだけども期待されてる自分を認識して、
ああやっぱり私は誰かのためじゃないと何もできない、と、ネガティヴな意味じゃなく思ったのだ。

誰かの期待のために頑張るっていうのはぶっちゃけめちゃめちゃ危ういし(実際だから心が折れるようなことが起こった)、全然健全じゃない。だけど、それが自然体なら、もうそれでいいんじゃないか?と思った。

ここんとこずっと、主に朝起きれないことについて、「変わるなんて無理だ、ずっとこうだったのにそう簡単に変わらない、今よりもっと楽だった状況でもできなかったのにこれからよくなるはずがない」と考えてめちゃくちゃ鬱だったところに、「あなたがここに居続けたいなら変わる必要がある」と他人から言われて、正直途方に暮れたんだけども、
なんていうか、朝起きれる人に「成長」する必要はないのかもしれない。たしかにそれができなくなって久しいけれど、できていたときもあったし、できなくなってからもできる時期はあった。

だからその「できる時期」に持っていくのは、よくなろう、というイメージではなくて、自分が「できていた」ことをちゃんと思い出すのが必要なんじゃないか。

そう思ったら、なんか急に心が軽くなった。もちろん今だけかもしれなくて、想像するまでもなくまたぐるぐる鬱々とするんだろうけど、そうやって途方に暮れたときにまた思い出すのが楽なように、書き記しておく。