頭がよくて強くて優しい人

新年早々風邪をひいて熱はすぐ下がったのだけど頭痛と鼻水がひどくてまるで頭は回らないのにひどいニュース、ひどいニュース、ひどいニュースばっかで休んでても仕事のメールは来るし下手に自宅でも作業できる仕事だから当然のように対応を求められるし上司とは会話したくないしぐちゃぐちゃになりながら仕事してたら特に何というわけではなくとめとなく涙が出てくる。
『アリー/スター誕生』のサントラを流してなんとか正気を保とうとしてるけどむしろ涙が加速するだけではという気もする。映画はすごく好きだった、あんなにつらいエンディングだと思わなくて、だって、これからなんとか戦いながら生きていくのかと、だってそういう時代だから、死んだって仕方ないから、どうやって死なずに自分の欠落と付き合っていくのかということが求められてる時代だって、だからどうしてって思ったけど
でも少し経ったらああ戦い続けることをもう求められたくないな、戦うことをやめるときくらい自分で選びたいなってどんどんジャックが自分に思えてきて、風邪のせいで余計に苦しくてもう社会のこととか考えたくないな、ごめん、もう疲れたよな、疲れたんだよ
でも戦い続けてしまうんだろうな自分は 楽になんてなれなくてさ
ジャックが楽になったかって 別にそんなことないと思うけど
悲劇に酔っているとか 残される人の気持ちを考えてないとか
まあ そうなんでしょう
あなたは正気なんでしょう 分かっている自分が間違っていることなんて
いつだっていなくなりたいだろ

ここ数日で世の中の人は自分の加害性に向き合ったりはしないのかって思った
何もしてなくても迷惑とか笑っているだけでただ生きているだけで傷つくとか
おまえは奪っているのだと言われたことのない人
一度被害者になれば加害者に悪に罪人になることはないと思っている人
何を言っても自分は許されると 何を言っても自分が正しいと思える人
誰かを殺したことがないと思っている人
うらやましいな 端的に すげーよ
自分が女だとはもう思えないな
女だからという理由だけで誰かと仲間になれたりしない
じゃあどうしたら仲間になれるのかって 分からんけど
正しいものを目指す
正しさってなんだろうか
正しさのために喋ってほしいという気持ちと
正しさのためじゃない言葉が聞きたいという気持ちが両方ある

自分より頭がいい人の中には本当に公平公正に物事を話している人がどこかにいるんじゃないかって期待が未だにある
自分より頭がよくて強い人なら自分や他の人のことを慮ってくれる、分かってくれるんじゃないかって気がしてしまう
だけど自分より頭がいい人にだってその人の主義主張があって
それが正しいとするために言葉を組み立てて喋っていることに変わりはないわけで
でも何かそうじゃない部分で喋ってくれる人がいるんじゃないかって期待がどこかにある
じゃあ「そうじゃない部分」ってなんだよって言われたら まあ分からんのですが

でもまあ 自分より頭がよくて強くて優しい人 いねえよな
そのどれかあるいはすべてが「私にはそう見える」にすぎないのだろうし
そもそもこの「自分より」って何なんだろうか?
というか単に私が「頭がよくて強くて優しい人」になりたかったということなのかもしれない
そして周囲の評価を聞く限りではある程度はそれを実現してはいるのだろうし
でも考えることも強さも優しさも これで足りるなんてことはない